プロパンガスは公共料金ではないって知ってましたか?

プロパンガスの料金は、公共料金だからどこも同じ料金なんて思っていると大間違いです。お隣さんと同じプロパンガスなのに料金が異なったりします。
これは、プロパンガス業者のさじ加減で料金を決められていることが多く、お隣さんと比べかなり損をしている可能性があります。
「プロパンガスが高いな〜」と思っているのであれば、適正価格にする方法がありますのでご紹介します。

適正価格を調査し対応してくれる会社さんに依頼しよう

プロパンガスの適正価格をおこなってくれるプロパンガス料金適正化協会(一般社団法人)があります。
この協会が、価格交渉を手伝ってくれます。しかも契約の見直しを無料でサポートしてくれます。
基本的に会社は、いかに利益を上げるかに注力します。一番手っ取り早い方法が、1件1件の単価を高くすることで利益を増やすことができます。
こういった方法は、プロパンガス業界でも実際に行われているため、適正価格を知らない消費者にとって業者からみればおいしいわけです。
そこに対し、適正価格で再度契約見直しサポートしてくれます。

↓↓↓↓詳しくはプロパンガス料金適正化協会のサイトへ↓↓↓↓

適正価格にするだけでかなり月々の料金がお得になる

プロパンガスを安くしたい!適正料金にしたい!業者のさじ加減の料金に注意

災害に強いプロパンガス

プロパンガスの特徴である個別共有は、災害時には都市ガスに比べ非常にプラスとなります。
っていうのも都市ガスは、災害時の場合、数百にも及ぶ配管を点検し安全が確認されるまで復旧できません。
しかしプロパンガスは、個別に点検、復旧が容易にできるため災害時強いです。
ただ家庭によっては、都市ガスの方が安いから都市ガスを使っているっていう人もいるかもしれません。まずは適正価格をしって、どちらが得かを検討してみるのもおすすめです。
⇒プロパンガス料金適正化協会の詳細はこちら

プロパンガスを安くしたい!適正料金にしたい!業者のさじ加減の料金に注意

業者への売り込み価格に注意を!

プロパンガスを安くしたい!適正料金にしたい!業者のさじ加減の料金に注意

プロパンガスというとはじめは安くて、契約年数が長くなると徐々に値上げしていくイメージってありませんか?
こういった時にも、プロパンガス料金適正化協会がしっかりサポートしてくれます。そのため用と言っても良いですが、プロパンガス料金適正化協会から専用のカードがもらえます。
料金変更や契約変更があった場合など、サポートしてくれるので安心できるかと思います。

↓↓↓↓詳しくはプロパンガス料金適正化協会のサイトへ↓↓↓↓